口臭をなくす

口臭をなくすには?

口臭なかなかなくならない・・そんな人が増えています。
最近の消臭ブームのおかげで口臭を気にする人が増えたのも理由の一つですね。

 

口臭をなくすにはまずは口臭の発生源である菌を抑える必要があります。

 

口臭をなくすのに重要なのは唾液

実は唾液には優れた口臭予防効果があります。
唾液には口臭を発生する菌の繁殖を抑える効果がある他、
それらの菌が出した口臭ガスを抑える働きがあります。

 

唾液がでなくなってしまうとこれらの効果が薄まり、口臭がキツくなってしまう場合があります。
緊張したり、水分不足になると口臭がキツくなるのは唾液の分泌が減り、口臭を抑える効果が
下がってしまうからですね。

 

むやみな殺菌は口臭がきつくなってしまう場合も

菌を抑えるために口腔内を殺菌すればいいという方も多いのですが、これは半分正しくて、半分間違いです。
実はむやみに口腔内を殺菌してしまうと、口臭を発生する菌を抑える菌、いわゆる善玉菌も減ってしまい、
結果的に口臭が増えてしまう場合があるのです。

 

マウスウオッシュなど強力な殺菌効果のあるもので殺菌してしまうとこれらの善玉菌も死んでしまうので、むやみな殺菌は控えましょう。

 

喫煙も口臭の原因に

喫煙は毛細血管を細くし、唾液の分泌も減ってしまったり、内蔵に負担がかかることでこれも唾液が減ってしまう原因となる場合があります。
また、口臭の発生原因である歯周病も喫煙によって増えてしまうと報告されています。
喫煙するとヤニ臭い口臭も当然あるのですが、体に負担がかかることでそれらも口臭の原因となるのです。