口が臭い

口が臭い時の対処法

口臭で悩む人が最近増えています。 私も高校生の頃から口臭に悩み、いくらは磨きしても口臭が出てしまっていた時期があります。 口臭を治す上で重要なのは口臭の根本的な改善だということです。 いくら歯磨きしてもガムを噛んでも口臭が出てしまうのは口臭の根本的な改善を何もしていないということです。

 

ほとんどの人が口臭対策として行っているのは歯磨きですが、歯磨きはその名のとおり歯を磨く行為であり、 口臭対策としては根本的な改善とはなりません、 口臭を治したい、改善したいということであれば口臭の原因を特定し、それらに対して適切な処置を行う必要があります。

 

口臭の原因の大半は歯周病によるものです、口の中は歯周病菌が生活しやすい環境にあり、正しい対処を行わないと すぐに口臭がでやすくなってしまいます。
口臭を感じるのであれば正しい原因解明と対策を行いましょう。 特に口臭が酷い、何度歯磨きしてもすぐに口臭出てしまう場合は歯周病を疑った方がいいですね。 また、口臭は内蔵由来のものもあり、これらに対して正しい対策が必要となります。

 

内蔵由来の口臭は血の混ざったような独特の臭いがします。魚が腐ったような臭いで これらの臭いがする場合は内蔵疾患を疑った方がいいですね。 俗にいうドブのような臭いの口臭はほとんどが歯周病由来のものである場合が多くこれらの場合は歯周病への正しい 対策が必要です、 歯周病は一度なってしまうと改善はせず、どんどん進行していきます。 進行を続けると口臭だけではなく、歯肉炎や最終的には歯が抜けてしまいます。 これは歯を支える骨を歯周病菌がとかしてしまうからです。 口臭だけでなく歯周病を抑えるためにも歯周病の対策は必須です。 歯周病は歯医者さんなどでも治療してもらえますが、歯医者さんからも普段の歯周病ケアが必要と言われます。 歯周病は毎日の習慣の中で対策を行わなければいけないので歯周病改善の観点からも毎日歯周病への対策と オーラルケアは行うようにしましょう。